ホーム 2015年開花状況 2016年開花状況 ササユリとイズユリ
2017年開花状況 品種改良 その1 2018年開花状況 品種改良 その2
組織培養の利用 2019年開花状況 品種改良 その3


品種改良その2


品種改良のページで述べた松の光×L.pumilumの選抜個体のようなA.Hybの品種づくりと、スゲユリを交配親に使った良い香りのするA.Hybの品種づくりは、一昨年、昨年と二年連続夏の異常高温で、花は咲いて交配は出来るのですが、茎葉は枯れてしまい種子がとれず苦戦しています。事例は少ないのですが傾向をまとめておきます。

スゲユリを子房親に使うと、その子供は、
1、茎が丈夫になる
2、花の形が手毬咲になる
3、花色は、花粉親の花色が伝わる
4、花の大きさも花粉親の影響が表れる。
 松の光    L.pumilum   松の光×L.pumilum

 スゲユリ  コマユリ  スゲ×コマ   チョウセンヒメユリ  スゲ×チョウセンヒメ  
  スゲユリ  多芽性選抜個体№4  スゲユリ×多芽性選抜個体№4

2015nenkaikajyoukyou.htmlへのリンク

2016nenkaikajyoukyou.htmlへのリンク

sasayuritoizuyuri.htmlへのリンク

2017nemkaikajyoukyou.htmlへのリンク

2015nenkaikajyoukyou.htmlへのリンク

2016nenkaikajyoukyou.htmlへのリンク

sasayuritoizuyuri.htmlへのリンク

sasayuritoizuyuri.htmlへのリンク

sasaizu

2017kaika

2017kaika